歯科専門コンサルティングのシーエイチアイ

実践レジュメ

セミナーレジュメ

セミナーでは写真のような「レジュメ」が配布されます。このレジュメもシーエイチアイのこだわりが詰まった資料のひとつです。

シーエイチアイのセミナーはこのレジュメにしたがって進行していきます。セミナーによっては時間配分などの都合で内容が飛ばされる場合もありますが、弊社のセミナーでは必ずすべての内容をもれなく解説します。

穴埋めで記憶に残す

ダースなんとか

レジュメにはところどころ、重要な部分を「穴埋め式」にしてあります。穴埋めの答えはセミナーでの解説時にスクリーンに映写されます。このように重要箇所を「穴埋め」にすることには、大きく2つのメリットがあります。

まずひとつは、参加者である皆さんが穴を埋めようと意識することにより、集中して講師の話を聞いていただけることです。穴埋め部分は特に重要な箇所ですから、他に意識がいってしまうと肝心なことを聞き逃しかねません。

次に、「穴を埋める=書き込む」という動作をすることにより、非常に頭に残りやすくなります。みなさんも受験などで経験済みのとおり、手を動かして書くという行為は記憶の手助けをしてくれます。しかも穴埋めになっているのは重要な箇所ですから、自ずと大切なことが記憶に残るようになり、後で医院で実践する際に必ず役立ちます。

マイレジュメは宝です

後日医院に帰って、実際にノウハウを実行する際に一番のよりどころとなるのは「ご自身のレジュメ=マイレジュメ」です。セミナーで先生が理解したこと、感じたことは、レジュメにメモ書きとして残されることがほとんど。つまり、セミナー内容を復習し、実際に何をどう取り組むのか考えるにあたって、「マイレジュメ」は重要な確認資料になります。

そこでシーエイチアイでは、こうした後日の利用を想定したレジュメづくりをしています。まず、レジュメの体裁として「中綴じ両面製本」とし、高品質のコピー用紙を使用するなど、セミナー時の使い勝手だけでなく、その後の保存性も考慮しています。(ちなみに、右の写真は「中綴じ製本印刷」をするコピー機。本体左側に「折り」「穴あけ」「ホチキス留め」をする機械がついています。小さな高級輸入車が買えるくらいの値段がします…)

コピー機
レジュメ

レジュメの中身にもこだわりがあります。できるかぎり多数の図解を使っていること、そして、どの図解がどのツールを解説しているのか分かるように、参照ページもしっかり記載しています。また、ぜいたくに空白スペースをつくっていますので、そこを広大な「メモ欄」としてご利用いただけます。セミナー内で感じたこと、気づいたことなど、すべてレジュメに書き込むことが可能です。